スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンペスト 上・下

池上永一著

少女が宦官と偽り王宮に入るところからスタートするジェットコースター小説。

以下ネタバレするので隠します。



ヒロインの相手役は嫌いじゃないけど魅力を感じず
むしろ朝薫派だった私は残念でした。
一目ぼれなのでしょうがないのかもしれませんが
雅博に惹かれて悩みぬくところに共感出来なかった。
期待したほどでは無かったけど
面白いライトノベル、という感じだったかな。
地の文に現代的な言葉をかなり自由に使ってるので
気になる人は気になるでしょうね。

男装するときに完璧にやりぬくところは好感持てました。
少女が男装して男だらけのところに入り込む!という設定は
少女小説や漫画でも良くありますが
テンパったとき女性的な反応をするシーンがあると
ほんとに覚悟あるのかとさめちゃうんですが
これはそういうところは無かった。

女が愛に生きるのが第一ではなく国家のために生きる
人もいるし(現にこの作品の女性登場人物は色んな女性がいる)
こういう結末になるのはちょっと残念だったなあ。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

takanoricca

Author:takanoricca
平日は社会人、ひっそりこっそり
好きなものを書いてゆきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。