スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜明けのフロスト

「ジャーロ」傑作短編アンソロジー 光文社文庫
R・D・ウイングフィールド他

フロスト警部の中編も含まれているクリスマスアンソロジー。
他に色んな作家の短編が合計6つ含まれています。
やっぱりフロスト目当てで読んでみました。

フロスト警部ものはやっぱり面白い。期待通り。
海外のミステリは現代のはほとんど読んでいないので
他の作家さんは知りませんでした。
解説を見る限りシリーズものが多いみたいですね。
個人的には「お宝の猿」と「わかちあう季節」が好みだったかな。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

takanoricca

Author:takanoricca
平日は社会人、ひっそりこっそり
好きなものを書いてゆきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。