スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流血女神伝

ここのとこ忙しくてまるマについて語りたいのになかなか書けない!

ひとまずここのとこ通勤途中にもりもり読んでる流血女神伝。
評価が高いので期待してたんですが期待以上。
すごく面白いです。今やっと半分くらい。
ちゃんと終わってる話なので安心して読めますね。
ライトノベルはたまに酷い打ち切りがあるので・・・
昔読んだ須賀さんの短編があんまり好みでは無かったので
躊躇してたんですがほんと面白いです。
船戸さんのイラストもいいですね。
シリーズ全て読了したらまた感想書きます。

風の王国も最新刊読了。精神的にきつい話なんですがどちらかと言えば
途中のラブラブ話より歴史ものというかこういう感じの話のほうが好みです。
しかし世の乙女にはどうなんでしょうか・・・
流血女神伝が続けられたんだから是非この話も
作者さんの目指しているところまで書き続けられますように。

少女小説を書くって大変なんだな、とつくづく思います。

少女小説というと氷室冴子さんがお亡くなりになったという
ニュースは本当にびっくりしました。
どの作品もほんとうに面白かったです。
是非全作品復刊して欲しいなあ。
内容は今でも全然通用すると思うし。
もう続きが読めないかと思うと残念でなりません。
楽しませていただきありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。


スポンサーサイト

ライトノベルの色々感想

ライトノベルの色々感想

<宮廷神官物語 渇きの王都は雨を待つ>
文章はわりと好きなんですがもひとつガツンとくるものが無かった。
今月末発売のザビで様子見かな。

<身代わり伯爵の脱走>
前回の決闘が個人的に今ひとつだったのですが
今回は面白かったです。次が楽しみ。

<紅玉の契約シリーズ>
今月発売の評判が割と良かったのでどっちも読んでみましたが
結構面白かったです。
世界観はすごいちゃんぽんなんで1巻の時点で
もう少し整理できてたらなあと思わなくも無いですが
とにかく勢いはあります。
あとカルラがあんまり私の好みじゃないのは残念です(笑)
嫌いじゃないですよ?
打ち切りとか引き伸ばしとかかからずに作者さんの書きたい
とこまで書けるといいんですが頑張って欲しいなあ。



ミリセントと薔薇の約束

ザビでの宣伝で
身寄りのない女の子が突然財産をついで執事がらみってとこが
アネットと設定が一緒だったので、どう違うのか気になって
読んでみました。
読んでみたら全然印象違いますね。こっちは幽霊ものというかホラー。
まあまあかなあ。まだ謎みせって感じですが。
絵も綺麗だし、正直言ってこんな売り方するの勿体無いなあ。
お互い全然違うものだしもっとオリジナルな売り方してあげたら
良かったのに。幽霊もの書いてる人今は他にいないですし。

マギの魔法使い 魔女たちは恋愛中!

今までと違って恋愛モード。
トト可愛い。そしてウォレス!って感じ。
どう作品を折りたたんでいくのかも楽しみです。

wonder wonderful 上下

河上朔著 イーストプレス
ネット小説の書籍化。単行本サイズだし
ライトノベルという分類化は不明ですが一応。

忙しくて全然ブログ書いて無かった!
その間読んでた本などを。

この作品を読んだのは連載終了後でまだ書籍化が決まってない時でした。
本の感想サイトですごいお勧めしてたので読み始めたんですが
もうはまって夜更かししちゃって大変でした。
すごい面白いんですよ!ときめきとかもちゃんと押さえてるんだけど
主人公のコカゲが大人で社会人なので基本的な考え方や
思考回路がすごく共感できるんですよね。
ネットで読むのももちろんいいんだけど、やっぱり本の形式でも
読みたいと思ってたのでもし自費出版とかしてくれたら絶対
買うなあと思ってましたが書籍化してくれて嬉しい限りです。

私の好みはヨーサムでした。(笑)あーゆう子好きです。

死が二人を分かつまで4

新書館ウイングス文庫 前田栄著
最終巻でした。カールとエリオットの戦いに決着。
自分的にこの二人にあまり感情移入というかはまれなかったんですが
ヘンリー、JC、ウォルフ、ミカエラの四人が好きでした。
とにかくミカエラ最強。このキャラクターのパワーが良かったです。
ウォルフ頑張って!


身代わり伯爵の潜入

角川ビーンズ文庫 清家未森著

シアラン編。うーんどうも好みではありませんでした。
少女小説や少女マンガなど男だらけの学校やら軍などに
女の子が女装をして入り込む、という設定は
色々ありますし、好きなのも多いんですが
自分の中で色々ラインがあるらしいとわかりました。
基本的にミレーユみたいな前向きな子は好きなんだけどなあ。
次に期待。

追記に個人的にひっかかったことを記載。
あとどうしても気になってることも記載。

more...

悪魔のソネット 美形悪魔は契約しない!?

角川ビーンズ文庫 栗原ちひろ著

オペラの栗原さんの新シリーズ、めっちゃ驚いたまゆたんイラスト。
まあまあだったかなあ。まだ物語の最初の感じだったので
次のも読んで続行か決めます。
しかし絵と内容が合ってないような気が・・・新○さんの絵は
個人的にちょっと苦手なのでそこのとこが残念。
ライトノベルはそれがあるので難しいですねえ。

なかないでストレイシープ

コバルト 竹岡葉月著

シリーズ全3巻。ライトノベルの感想サイトさんで
庶民の女の子がお嬢様&執事ものということで
紹介されていたので読んでみました。
わりと面白かったです。
イギリス執事ものではかなり早い時期に出たものなのかな。
今は富士見ファンタジア文庫に移られているんですね。

挿絵が可愛らしいですがかなり少女マンガ絵ですね。
今少女小説のレーベル増えてるんですが
やっぱり流行の絵っていうのは変わってるような気がする。
人気の方は複数レーベルから多数出てますからねえ。

アネットと秘密の指輪 お嬢様と謎の貴婦人

雨川恵 角川ビーンズ文庫

シリーズ第2弾。キャラがはっきりしてきたようで面白かったです。
ドレスの色についての会話にうけました。次も楽しみ。
今後は他の使用人の人たちも出てきたらいいのになあ。
気になるのが最初のキャラクター紹介なんですが
リチャードは全然違うと思うんですけど・・・

more...

文学少女シリーズ

野村美月著 ファミ通文庫

このライトノベルがすごい!で1位もとったし
シリーズ終了時かなり評判良かったので読んでみましたが
これはいいですねえ。まだシリーズ3巻目までですが
続きが楽しみです。
遠子先輩がとても魅力的です。

文学少女シリーズ読了

文学少女読了。
面白かったです。神に臨む~下巻の最後半分は特に
ぐっときました。
もりあがったのでSSも入っているというイラスト集も購入。
甘々なお話で良かった~。
今月末発売予定の外伝集も楽しみです。

以下ネタバレするので隠します。

more...

マギの魔法使い 若獅子は片恋中!

角川ビーンズ文庫 瑞山いつき

マギはクライマックス直前のようです。あと一巻で終わりかな。
前からラブ増量しましたが今回も進展しました。
エメラルドの性格は好感もてるしもう終わっちゃうのは残念。
どういうお話のたたみ方するんでしょうか、楽しみです。

アニメイトペーパー

あけましておめでとうございます。
今年はもうちょっと更新スピード早くできるように頑張ります。

まるマ最新刊購入時のアニメイトペーパーについて

公式発売過ぎたけど一応隠します。

more...

ルチア クラシカルロマン

華宮らら ルルル文庫

ルルル賞受賞の新人さんの作品。
クーデターが起きて1人逃れた王女の成長もの。

more...

身代わり伯爵の求婚

角川ビーンズ文庫 清家未森

身代わり伯爵シリーズ第7弾。
少女マンガ、少女小説的王道ラブコメ。
うーん面白くないわけじゃないんだけど
なまじっか自分の好きなタイプの話なだけに
微妙に自分の好みとずれているためどうも楽しめなかった。

上記の通りのような感想なのですが
一応中身に触れるのは隠します。

more...

佐和山物語 あやかし屋敷で婚礼を

九月文 角川ビーンズ文庫

第6回角川ビーンズ小説大賞優秀賞&読者賞W受賞
戦国風味ラブファンタジーと説明されています。

ビーンズの新人さんのお話。ザビで受賞したときのあらすじが
面白そうだったので期待していました。
お話自体がまだ導入部って感じだし
相手役のキャラがあんまりまだつかめないんですが
主人公のあこは魅力的ですね。
絵も可愛くて好みでした。表紙より中の白黒絵のほうが好きかも。
ちゃんと時代考証してるし和風ファンタジーって珍しいので
今後に期待しています。

イデアマスター

若木未生著 バーズノベルス

若木さんの中で唯一読んでたシリーズ。
他のオーラバ等のシリーズは個人的に合わなくて
脱落してました。
ライトノベルはシリーズ途中で様々な事情で
未完になるのも割とあるし
もう無理かなあと思ってたので完結してよかった!
若木さんにとっても思い入れの強いシリーズなんでしょうね。
おめでとうございます。

新しいイラストの方は綺麗な絵ですが
やはりグラハーは最初の橋本さんのイメージが
強いなあ。

面白かったです。いいラストでした。
番外編入るなら以前の出しなおしでも
買っちゃうだろなあ・・・。

以下はネタバレになっちゃうので隠します。

more...

アネットと秘密の指輪 お嬢様と花のワルツ

雨川恵著 角川ビーンズ文庫

シリーズ第3弾。面白かったなあ。
絵も可愛いし今後も楽しみ。
リチャードの感情にきゅんきゅんしました。
ユージンはええ人や・・・
あと他の使用人とのやりとりが出てきだしたのが
個人的にヒットでした。

封印の女王 忠誠は恋の魔法

遠沢志希著  角川ビーンズ文庫

ビーンズの新人さん第2弾。
お話としては王道なんですが結構楽しめました。
読んでてヒロインはあんまりわがままとは
感じなかったなあ。
題材として独自性があるのは佐和山、
お話として楽しめたのはどっちかといえばこっちでした。

ただ二つともシリーズ化指示があるのでしょうが
あまりにもお話として終わってないので
(これは編集部の方針なんでしょうか)
一応話は終わってる、でもシリーズ化できるよ!
というけりのつけ方のほうがよかったです。

二つとも楽しめるけど新人さんらしい勢いがあんまり
感じられませんでした。
ザビでの選評で期待してたけどちょっと残念。
今後の展開に期待します。

以下ちょっとネタバレ

more...

鳥は星形の庭におりる

西東行著 講談社X文庫―ホワイトハート

ホワイトハートの新人さん。
表紙の絵をタイトルと帯の作品紹介でジャケ買いとなり手に取りましたが
これは面白かった!大当たりでした。絵もとても綺麗です。

孤独を知るプルーデンスと詩人が心を通い合わせていくのも
美に対する考えもとても良かった。
メイン二人のキャラクターが非常に魅力的。
裏表紙の「プルーデンスはちょっぴりおませな十三歳」はなんか違うと思うけど。
なんかいい紹介は無いか考えたけど思いつきませんでした。
語彙力が欲しい・・・
新人さんとは思えない完成度だと思いました。
綺麗に終わってはいるんですが続きもできそう。この続きであっても新しい作品でも
次の作品は必ず買うと思います。

ミリセントと薔薇の約束 社交シーズンは魔法と共に

月本ナシオ著 角川ビーンズ文庫

1巻だけよんで止まってたんですが2巻読了。
絵も可愛いしお話もわりと面白かった。

アネットとほぼ同時期に開始し執事が出てくるのですが
全然違うタイプのお話。
どちらもわりと面白いのでかぶらないように
売り出してあげたほうがどっちにとっても良かったのに。


光炎のウィザード シリーズ 

喜多みどり著 角川ビーンズ文庫

一度読んでみたかったのですが図書館で途中まで借りれたので読了。
面白かったのでまだ入ってなかった最新刊は購入しました。

この作品は基本的に恋愛色は薄いのですが
恋や執着や感情の表現の仕方が非常につぼでした。
シリーズもだいぶ佳境に入ってきているようなので
あと2,3冊で終わりなのかなあ。

赤き月の廻るころ 紅蓮の王子と囚われの花嫁

岐川 新著 角川ビーンズ文庫

ビーンズの新人さん第三弾。
王女レウリアが緊張状態にある隣国にスパイとして潜入することに。

これを読んだあとザビの受賞当時の審査員の方々のコメントを
再読したんですがこの作品はそのコメントと同じような感想を持ちました。
とにかく王女がスパイとして入り込む設定に無理がありすぎる。
侍女としてならプロに任せたほうがよほど仕事も確実だし
ばれてもなんか方法があるからねえ。
顔があまりばれていない王女、また特殊能力あり、なら
もっと説得力のある設定に変えるべきだったのでは。
なんとかして欲しかったです。
少女小説だからこそパッケージはとっつきやすくしたとしても
設定はちゃんとすべきだと思います。
ただ作品としてはヒロインもわりと好感もてるし
一番楽しめたかもしれません。なんでだろ。

金蘭の王国シリーズ

薙野ゆいら著 角川ビーンズ文庫

現在2巻まで発売されているシリーズ。
結構好評みたいなので読んでみたら面白かったです。
メイン3人がそれぞれ特徴を生かして協力してるし
毒薬大好きなヒロインが可愛くていい子なので好感持てます。
それぞれキャラも立ってるしね。続きも楽しみです。

エネアドの3つの枝

樹川さとみ著 コバルト文庫

それでもあなたに恋をする
女ぎらいの修練士
最後の封印

三部作完結。三人の娘のそれぞれの恋のお話。
面白かったです。
どれも良かったけど一番の好みは女ぎらい~かな。
このお話の主役のララが魅力的でした。

今月発売ライトノベル色々感想

紅玉の契約 宗主さまの最後の約束
西本紘奈著 角川ビーンズ文庫

シリーズ最終巻。一生懸命たたんだのがよくわかりました。
正直1,2巻が一番面白かったかなあ。
くせはあるけど1巻の勢いがだんだん薄れていったのが残念でした。
次のシリーズに期待しています。


身代わり伯爵と伝説の勇者
清家未森著 角川ビーンズ文庫

本編より楽しく読めました。個人的に主役二人にどうも萌えないのですが
フレッドが良かったな。あと最後の書き下ろしが面白かったです。
ねぎしさんの絵もすごく綺麗ですね。
ただこの作品はどうも合わないところがあるのでそろそろダメかもしれないなあ、残念。


言ノ葉は呪縛する―破妖の剣外伝
前田珠子著 コバルト文庫

まさかの破妖。でも外伝。絵師さん交代しちゃったんだなあ。
新しい方も綺麗な絵ですがあもいさんの絵はものすごく好きだったので
残念。一気に完結しとけばよかったのになあ・・・
紫紺くらいまでが一番好きでした。唯一なんとか終わりそうなシリーズなので
なんとか完結して欲しいものです。
お話は2作目が面白かったかな。


宮廷神官物語 慧眼は主を試す

榎田 ユウリ著 角川ビーンズ文庫

宮廷神官の最新刊。なかなか面白かったです。
櫻嵐が超男前です。鶏冠は苦労症ですなあ。
あの人は非常にうさんくさいんですがあの主は誰なんだろ。

今月のビーンズ文庫

今月のビーンズは結構購入したのでまとめて。
読んでいった順です。

光炎のウィザード 運命は千変万化 喜多みどり著

うわー一気ですね、ちょー萌えた。
次で最終巻なのかなあ。楽しみです。
全プレ間に合わなかったのが残念。


アネットと秘密の指輪 お嬢様とロンドン塔の王子  雨川 恵著

リチャードの影は今回薄いけどそのかわり女の子がいい仕事してます。
ラストの展開はいつかくると思ってたけど考えていたより早かった。
どうするアネット!続きも楽しみです。


封印の女王 恋の翼は白銀のきらめき 遠沢 志希著

リーゼロッテは可愛い女の子ですが女王としてはあまりに頼りない。
1巻がうそのように子供っぽいです。
まわりのキャラは立ってきたのに。次は様子見でいくと思います。


身代わり伯爵の失恋 清家 未森著

ここ数冊は合わなかったので迷いましたが好評なので読んでみました。
これは面白かったです。展開がすすんだからかな。
王子は実に男前だ。続きも読もうと思います。


それにしてもビーンズの表紙はなんか似たり寄ったりだなあ。
編集指示なんでしょうがせめて同月発売はかぶらないようにしたらいいのに。

薔薇の戴冠 クラシカルロマン

ルルル文庫  華宮 らら著

前作のルチアが非常にヒットだったので
今回も期待して読みましたがすごく良かった!
設定をちゃんと書く方なので納得して読めます。
今回はラブ方面も良かったです。どっちもカッコいいっすね。
ラスト彼が出てきて嬉しかったです。
ルチアの続編も書いてくれないかなあ。
お勧めです。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

takanoricca

Author:takanoricca
平日は社会人、ひっそりこっそり
好きなものを書いてゆきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。